モデリズムのはてな

モデリズム・オリジナル企画の解説ページです。「メカトロウィーゴ」他、オリジナルロボットを作っています。

メカトロチャンクとは

久々に新作ロボットを作りました。

「メカトロチャンク」と言います。

f:id:moderhythm00:20170816094353j:plain

 

▼2017/12/09 期間限定でレジンキット通販中です▼

chubu.base.shop

 

2011年にメカトロウィーゴを発表して以来、

6年ぶりの完全新型です。

f:id:moderhythm00:20170816102815j:plain

 

かなり四角いし、太っちょです。

1体目はこんな色で塗りました。

f:id:moderhythm00:20170816102904j:plain

 

お腹のハッチが開きます。

f:id:moderhythm00:20170816102319j:plain

 

帯部分の色を変えるだけでも楽しいかなと。

全く別の色でもいずれ塗ってみるつもりです。

f:id:moderhythm00:20170816094738j:plain

 

このロボット、ある企画用にデザインしていたのですが、

その企画が潰れてしまった為、

自分の物として一気に仕上げたという次第です。

 

こういった経緯からもチャンクには

「チューブ1号」や「メカトロウィーゴ」とのデザイン的共通性がありません。

ですが、むやみにブランド増やしても分かりづらくなるだけなので

同じ「メカトロ中部」製のメカトロボットという設定にしました。

『建機メーカーからの依頼で作業用メカトロボットとして作られた』

という設定に決定です。

 

2017/1/30。

打ち合わせの席上で大まかなフォルムを考えました(画像左)。

帰宅後、もう少し線を増やしたのが右。

f:id:moderhythm00:20170816095655j:plain

 

それを元に、提案用にざっくり用意したのがこちら。

f:id:moderhythm00:20170816095700j:plain

 

ここで企画が止まりました。

これを下絵にし、3Dモデリングしながら

デザインを詰めていきました。

特徴的な要素は同じですが、バランスは大きく変わりました。

 

f:id:moderhythm00:20170816100323p:plain

 

ラフ絵からのバランス変更の理由は色々ありますが、

「好み」以外の要素として、

「市販関節パーツの使用」

「量産を考慮してパーツ数を少なくしたい」

など、立体ならでは要素も大きいです。

 

モデリングは仕事の合間に作業を進めました。

3/14スタート、5/2にはデザイン的にほぼ完成していました。

左が1日目。右が2日目(一見、ほぼ出来てる 笑)。

f:id:moderhythm00:20170816110941p:plain

データの保存日を見ると、作業日数的には11日程の様です。

その後出力して修正必要な箇所はちょこちょこ調整を。

 

出力は自宅の3Dプリンター(Qholia)をメインに、

細かいパーツのみ外注して原型を製作。

量産はRCベルグさんにお願いしました。

 

量産品はレジンキットとして2017/07/30開催の

ワンダーフェスティバル会場にて153個販売。

f:id:moderhythm00:20170816100800j:plainWhite と Gray の2色。各6.000円で販売しました。(完売)

 

また、2017/08/11からビームスオンラインショップにて

同キットを販売して頂きました。

(完売につき、現在は販売しておりません)

 

合わせて、トーキョーカルチャートbyビームスさんに

「メカトロチャンクTシャツ」を製作、販売して頂いております。

www.beams.co.jp

 

こちらの商品は新宿の BEAMS JAPAN 4Fと、

f:id:moderhythm00:20170816102112j:plain

 

原宿の TOKYO CULTUART by BEAMS 店舗でも販売中です。

f:id:moderhythm00:20170816102126j:plain

(期間限定での販売になると思いますのでお早めに是非!)

 

久々に業者さんにお願いしてレジンキットを作ったので、

しばらくの間は再販や追加パーツなどを製作し、

イベント販売メインでやっていこうかなと考えています。

f:id:moderhythm00:20170816102844j:plain

 

キットの仕様などは

こちらのモデリズムブログ記事をご参照下さい。

moderhythm.blog26.fc2.com

 

 

沢山の方に受け入れて頂いた

「メカトロウィーゴ」とは全く違うデザインなので、

果たしてどれくらいの方に購入して頂けるものか。。とかなり不安でした。

メーカーから発売されているウィーゴは

レジンキットに比べると遥かに安価で販売されていますし。

(35ウィーゴのガレージキットは5000円でした)

一度そういった製品に触れた方々に

高額なレジンキットを購入して頂けるのか?と。

 

結果的に用意したキットは早々に完売し、

オリジナル造形を続けるにあたり、とても勇気づけられました。

本当に感謝しております。

 

チャンクの展開や他のロボットも色々考えています。

これからもメカトロウィーゴ共々、よろしくお願いします。

 

モデリズム / 小林和史 Moderhythm / Kazushi Kobayashi

( Overseas sales are not currently done. Sorry. )